クラウドのセキュリティは不安?利用前に把握しておきたいポイント

新しいクラウドサービスが次々と登場し、クラウドを利用する企業が増えています。メリットの多いクラウドですが、利用する目的に応じてセキュリティレベルを考慮し、対策する必要があります。実際に、不正アクセスや情報漏えいといったリスクを考え、クラウドの利用に踏み切れないという企業も多いのではないでしょうか。今回は、クラウドにおけるセキュリティについて解説します。

クラウドにおけるセキュリティのイメージ

クラウドは、インターネットにつないで利用するサービスです。そのため、インターネットを介したサイバー犯罪の被害に遭う可能性があり、クラウドを利用する際の注意点としてセキュリティ面が挙げられることも事実です。実際にクラウドから顧客データが流出する事件が発生しています。そうした漏えい事件をニュースで見聞きすると、クラウドにおけるセキュリティの安全性に不安を感じてしまう企業やユーザーも一定数いることでしょう。

よく分からないからこそ怖い

クラウドのセキュリティ面を不安視して利用に踏み切れないでいる方は、実のところ「クラウドのことをよく分かっていない」ということがよくあります。よく分かっていないために、漠然とした不安があり、「どんなリスクがあるのか」「何か起きたときはどうすればいいのか」など、心配が尽きないのではないでしょうか。まずはクラウドについて理解を深めることで、リスクをイメージすることができ、対策についても考えることができれば、利用するかどうかの判断がしやすくなります。

クラウドのセキュリティレベルは高い

セキュリティ面が不安で、何か怖いイメージのあるクラウド。しかしながら実は、クラウドが危険かというとそうでもありません。以下で、クラウドのセキュリティについて詳しく解説しましょう。

クラウドのセキュリティは会社の信頼性と直結

クラウドは重要なデータが集まる場所です。例えるなら、お金の集まる銀行のようなものです。しかし、銀行強盗が頻繁に起きているかといわれればそうでもありません。銀行はお金や資産がたくさん保管されているからこそ、充分な守りを固めているので、結果的に安全な保管場所となっているのです。

これはクラウドも同じで、重要なデータが集まる場所だからこそ、また、その安全性こそがクラウドサービスを提供する会社の信用と直結するからこそ、提供会社はそう簡単に突破できないような万全のセキュリティ体制を敷いています。クラウドのセキュリティレベルは、一般的な企業のセキュリティレベルに比べると高いでしょう。

サイバー犯罪は100%防げない

クラウドのセキュリティレベルが高いといっても、安心できるわけではありません。インターネットのセキュリティ技術は年々高度化していますが、同じようにサイバー犯罪の手口も年々巧妙になっているのです。したがって、どれだけ安全対策を施しても、100%防御することは不可能と考えておかなければなりません。インターネットに接続している以上、常にサイバー犯罪の被害に遭うリスクを伴うのです。

しかしそれは、クラウドを利用する場合に限らず、インターネットに接続する以上必ず念頭に置いておくべきリスクです。

業者選びと防犯意識がポイント

次は、クラウドを利用するうえでのポイントについて解説しましょう。先ほど例を挙げたように、クラウドの利用は銀行の利用に似ているので、クラウド利用のポイントも同じように紹介しましょう。

信頼できる企業を選ぶ

一般的には安全な銀行でも、なかには強盗被害に遭ったり、倒産したりする銀行もあります。そのため、利用者は信頼できる銀行に資産を預けます。同じように、クラウドを利用する際は信頼できる業者を選ぶことが大切です。いくら魅力的なサービスでも、セキュリティ対策が甘いとそれだけリスクが高いと言えます。

特に外部からの攻撃に対して、どのようなセキュリティ対策を講じているかについては、事業者が提供しているサービス内容やシステムの特徴をよく精査する必要があります。

クラウドを選ぶ際は、「導入事例があるか」「安全対策は充分か」「もしものときの補償は大丈夫か」など、信頼できるかどうかについてもしっかり検討しましょう。

利用者側も安全対策を徹底する

また、利用者側が注意しなければならない点もあります。例えば、どれだけ強固な銀行でも、利用者のカードと暗証番号があればお金を引き出されてしまいます。つまり、被害に遭わないようにするためには、「カードの管理を徹底する」「暗証番号を安易なものにしない」など、自衛も必要だということです。

同じように、クラウドは場所を選ばないで「いつでもどこでも利用可能」という特性がある一方、IDとパスワードがあれば誰でも接続できてしまいます。そのため、利用者側の防犯意識が低ければ被害に遭う可能性が高くなるということです。したがって、「ノートパソコンやスマホをなくさない」「端末には必ずロックをかける」「IDとパスワードを書いたメモを残さない」などの対策が必要になるでしょう。

過度な心配は不要

基本的にゼロリスクというものは存在しないので、常にリスクとリターンを天秤にかけながら選ぶことになります。現代のクラウドにおけるセキュリティリスクについても、もちろん100%の安全が保証されたものを導入することは難しいでしょう。しかしクラウドには相応の危険がある一方で、利便性やコスト優位性など事業を成長させるための多くのメリットがあります。そのため現在ここまで幅広い活用や普及に至っているともいえます。クラウド導入に際しては、事業者のセキュリティ対策の取り組みについてしっかりと調べて、活用を検討してみるといいでしょう。