Googleの検索エンジンに対するSEO対策の基本

昨今、Webサイトを使った自社商品の宣伝やコンテンツマーケティングを行っている、もしくは行おうと考えている企業は多いと思います。ただ、いくら魅力的な商品ページや記事を作っても、顧客にアクセスしてもらえなければ意味がありません。そのためには検索サイト、中でも、最大手といえるGoogleで上位に表示されることこそが、アクセスを集める近道だと言えます。そこで重要になるのが、「SEO対策(検索エンジン最適化)」と呼ばれる手法です。今回は、Googleの検索エンジンに対するSEO対策について解説します。

SEO対策の基本

まずはGoogleの検索エンジンについての基本的な情報をまとめてみます。SEOの基本的な考え方から、近年の傾向までをご紹介します。

Googleの考え方

Googleには、今も昔も変わらないスタンスがあります。それが「ユーザーファースト」の姿勢です。ユーザーファーストとはつまり、ユーザーが求めている情報を素早く提供するということです。したがって、ユーザーにとって有益なサイトほど、高い評価を得る仕組みになっているのです。

Googleは検索エンジンのアルゴリズムを公開していない

Googleの検索エンジンが何をどのように評価して検索結果を表示しているのかは、詳しく知ることはできません。なぜなら、それが分かってしまえば、検索で上位表示をさせるためだけにサイトが作られてしまうからです。ユーザーが知りたい情報が得られない中身のないサイトばかり表示されれば、「Googleの検索エンジンは使えない」となってしまいます。それは、Googleにとってもユーザーファーストの理念から逸脱することになります。そうならないためにも、今後もGoogleが検索エンジンのアルゴリズムを公開することはないでしょう。

ヒントとなる情報は出す

ただし、アルゴリズムが全く不明かというと、そうではありません。Googleは、「どういった点を評価するのか」というような、指針や仕組みを公表しています。そうすることで、より質の高いサイトが増えるからです。これは、企業、個人を問わずWebサイトの制作者がユーザーにより良い情報を提供しやすくするためでもあります。

SEO対策はあくまで予想

インターネットでSEO対策について調べてみると、さまざまな情報が出てきます。これらは何を根拠にしているのかというと、一つは上記の「Googleが正式に公開した情報」です。そしてもう一つが、Googleの考え方や実際に上位に表示されているページの傾向などです。これらを踏まえたうえで、SEO対策は予想されているのです。

SEO対策は変化する

実際の検索結果からある程度アルゴリズムを把握されてしまうため、時間が経つほどに内容の伴わないサイトの上位表示が増えてきます。そのためGoogleは定期的にアルゴリズムを変え、対策を講じているのです。近年はGoogleとWebサイトの制作者たちとの間でこのようなイタチごっこが続いています。過去には効果的だった対策も今では逆効果というものもあるので、古い情報には注意し、常にアップデートしていかなければなりません。

近年の大きな傾向の変化

最近では、少し大きな傾向の変化がありました。これはGoogleも公式に表明していますが、「スマートフォン用ページを重視する」という方針です。スマートフォンは場所や時間を選ばずに、空いた時間などで手軽に検索ができます。実際にモバイルからのGoogle検索はパソコンからの検索数を上回っています。このようなスマートフォンの普及による社会変化を受けての方針転換と言えるでしょう。この方針転換は「モバイルファーストインデックス」と呼ばれるもので、2018年3月から本格的に導入されています。

具体的なSEO対策

Googleの公式情報やさまざまな上位サイトで導入されているSEO対策にはどのようなものがあるのでしょうか。ここからは、具体的なSEO対策についてご紹介しましょう。下記は基本的なSEO対策であると同時に、効果が期待できる施策です。まだ取り入れていない場合は、ぜひ実践してみましょう。

  • SEOキーワードを入れる

サイトには基本的に、ターゲットにする検索文字が含まれていなければなりません。特に、サイトのタイトルはとても重要です。ここには必ずキーワードを入れるようにしてください。タイトルに入れるキーワードは、自社が狙いたい単語であると同時に、ユーザーのニーズや検索のボリュームを加味する必要があります。キーワードを重視するあまり、内容が分かりづらいタイトルにならないように注意する必要があります。

見出しや本文にキーワードを入れることもSEO対策になります。ただし、本文内に不必要に多くのキーワードを入れすぎると検索順位が下がります。あくまでも、良質なコンテンツを提供することを第一義に考えなくてはなりません。

  • タイトルの文字数

タイトルの文字数が多すぎると、Google側でタイトルが省略されることがあります。タイトルはシンプルにして、30文字を超えないようにしてください。欲張り過ぎてタイトルにあれこれ詰め込むのは逆効果です。またキーワードはタイトルの前半に入れると、SEO効果が高くなるとされています。

  • meta descriptionタグと見出しタグの設定

meta descriptionタグとは「ページの要約」を伝えることができるタグです。検索結果のページでユーザーが目を通す部分でもあるため、とても重要です。文字数は120字ぐらいを目安に作成します。スマートフォンサイトの場合、50文字程度しか表示されないため注意が必要です。一読してどのような内容なのかが簡潔かつ的確に記載されていることが大切です。ユーザーは要約文の内容によって、実際にサイトに訪れるか、別のサイトを表示させるかを判断します。

見出しタグ(h1、h2、h3…)の設定も重要なSEO対策です。数字を飛ばさず、1、2、3…と順番に設定することで効果があります。タイトル同様に、キーワードを含め、長すぎないようにすることがポイントです。

  • 質の高いリンクを増やす

リンクはページを評価するうえで重要な要素の一つです。ただし、それを逆手に取って、粗悪なリンクを増やしたサイトは検索順位が下がります。リンクで重要なのは、人づてに拡散された「自然発生したリンク」です。したがって、リンクを増やす際は機械的に増やすのではなく、質の高いリンクが増えるようにする必要があります。業者などを使って、低品質な外部リンクを増やすことは逆効果になるので注意しましょう。

  • サイトの表示速度を上げる

Googleは、表示速度の遅いページに対して評価が下がる仕組みを取り入れています。これはSpeed Updateと呼ばれ、モバイル検索でのページ速度を評価要因に含めるというものです。サイト上のデータ量やCMS選びなど、表示速度に関係する部分についても考えておきましょう。また表示速度が遅いWebサイトはユーザーの離脱要因にもなります。コンバージョン率の低下や企業イメージの低下などにも関わることなので、必ず対策しておきたいところです。

ツールを使いこなそう

最後に、SEO対策に使えるツールについてご紹介します。キーワード選定ツールなどはコンテンツを制作するうえで役立ちます。制作者の感覚や主観に頼ったコンテンツ制作では、ユーザーの関心を誘うことは難しくなります。ユーザーニーズを捉えた施策を行うためにも、さまざまなツールを利活用することで高品質なコンテンツを作る必要があります。

  • サジェスト機能

検索ボックスに文字を入れた際、候補となるキーワードが表示されたり、キーワードの後にスペースを入れると、よく一緒に検索されている他のワードが表示されたりします。これが「サジェスト機能」です。特に当該キーワードとよく一緒に検索されている他のワードは相性の良いワードですので、コンテンツ制作の際に参考になります。制作者が自分のアイデアを広げるためにも効果的なツールです。

  • Google AdWords キーワードプランナー

サジェスト機能と使い方は同じですが、こちらは検索ボリュームまで把握できるツールです。自社で狙いたいキーワードと関連の高いキーワードも見つけられます。そのキーワードの競合性も分かるので、コンテンツを制作する際の指標になります。

  • Google サーチコンソール

サイトの傾向を分析する際に便利なツールです。サイトに訪問したユーザーが、どのような検索ワードで到達したのか、ページの表示数やクリック率などが把握できます。クローラーが読めなかったページや、ペナルティを受けているかどうかが分かるので、最適なコンテンツを作るための更新や修正などにも役立ちます。またサイトマップの送信など、Googleに対してアクションを起こせるのも特徴です。

  • Googleアナリティクス

こちらも同じく分析に役立つツールです。主にアクセス解析に使われます。ページビューや訪問者数など基本的なこと以外にも、どのような機器を用いて閲覧したのか、サイトに訪問したユーザーがどのような経路を辿ったのか、どれくらい滞在したのかなどのデータが把握できます。

  • Googleトレンド

キーワードの検索数の増減をグラフで見ることができ、トレンド調査に使えるツールです。急上昇ワードや国別・年代別のトレンドなどが分かります。時事的なコンテンツを制作する際などに効果を発揮します。

「ユーザー目線」を忘れない

検索エンジンは、ユーザーが欲しい情報を探すためのツールです。そして、Googleもユーザー目線で検索エンジンを改良しています。仮に検索エンジンを誤認させて、質の悪いサイトを上位に表示させたところで、すぐに対処されてしまうでしょう。SEO対策をする際には「誰のためのコンテンツなのか」をしっかりと意識して作ることが上位表示への近道です。