CMSを使うことで得られるメリットとは?デメリットとあわせて徹底解説

企業がホームページやECサイト、SNSアカウントなどを持つことがもはや当たり前となっている昨今。Webサイトを持つ際に必ず考えておきたいのがCMS(コンテンツマネジメントシステム)のことです。ページの作成・更新が簡単にできるうえ、管理面にも優れているツールですが、実際のところよくメリットを理解していないという方もいらっしゃるかもしれません。今回はCMSの特長と企業としてどのようなメリットが得られるのかを詳しく解説。知っておきたいデメリットも紹介します。

CMSの主な特長

ITに習熟していない新任のWeb担当者でも使えるのがCMSです。CMSが持つさまざまな特長のうち、主なものを5つご紹介します。

コンテンツの作成や更新が簡単にできる

簡単に扱えるという点が、CMSの最も大きな特長といえます。Webサイトの作成や更新にはHTMLやCSSといった特殊な言語を使用するため、従来はこれらの知識が不可欠でした。そのため初心者ではコンテンツを一つ作成するだけでも大変で、ハードルを上げる要因になっていたというわけです。しかしCMSは、これらの言語を理解していなくてもコンテンツの作成・更新が可能です。誰でも簡単にWebサイトを扱うことができます。

テンプレート利用でデザイン変更が簡単

CMSではテンプレートと呼ばれるデザインの「ひな型」があり、そのテンプレートを選択して設定するだけでデザインの変更が簡単にできます。その際、レイアウトが自動で最適化されるので崩れにくいのもポイントです。また、こちらも専門知識を必要としません。

複数の担当者で管理ができる

専門知識が不要で、誰でも簡単にWebサイトを扱えるということは、気軽に担当者を割り当てることができるということです。従来はITに詳しい人材など担当者に割り当てられる人材が限られており、専任者への重い負担が問題視されていましたが、CMSではこの問題を解決できます。また複数の担当者で分担すれば、一人あたりの負担が軽くなり、安定的に管理が可能です。

コンテンツの一元管理

CMSでは、サイト全体をCMSで管理できるので、扱うWebサイトが多くても管理・運用の手間がかかりません。さらに、複数ドメインの管理もできるので、ドメインの異なるサイトがいくつかあっても、同じCMSで一元的に管理をすることが可能になります。一元管理ができることで、レイアウト崩れやリンク切れを防止し、サイト全体に統一感が出るなど、さまざまなメリットが得られます。

SEOに強い

検索エンジンでの上位表示を目指すSEOでは、内部構造が分かりやすいほど有利とされています。また、レイアウト崩れやリンク切れなど、管理が行き届いているほど評価が高いといわれているのです。したがってCMSを使用することで、管理しやすくすることはSEO対策の強化にもつながります。

CMS導入のメリット

次に、紹介した特長から得られる企業としてのメリットについてご紹介しましょう。

コスト削減

コンテンツの作成や更新にも時間がかからず、何人かの社員で管理を分担することも充分可能なため、Webサイトの管理に専門家を雇ったり、外注したりする必要がありません。そのため、管理に必要な人件費を大幅に削減することができます。

アクセス数アップ

SEOに強いということは、検索エンジンで上位にサイトを表示させやすく、アクセス数のアップが見込めます。アクセス数が増えれば会社や製品の認知度向上やコンバージョン率のアップが期待できるので、売り上げアップにもつながるでしょう。CMSは、インターネットの世界で事業を拡大させていくのにとても役立つツールといえます。

担当者の負担軽減

現状、Webサイトの管理担当者が専門知識を持つ少数のスタッフだけだとするならば、専門のスタッフに集中する負担の大きさが課題になりがちです。また、一人の担当者が不在というだけでWebサイトの更新ができないような状態では、タイムリーな更新ができません。CMSではこれらを解決する分業体制も組みやすくなるのでお勧めです。

CMSのデメリット

多くのメリットがあるCMSですが、いくつかのデメリットもあります。メリットとデメリットを理解したうえで、導入を検討しましょう。

セキュリティへの不安

こちらはどのWebサイトでもいえることですが、やはりサイバー攻撃などのリスクはつきものです。特にメジャーなオープンソースCMSでは狙われやすいといわれており、注意する必要があるでしょう。ただ、有料のCMSであれば製品によってはセキュリティを万全にしているものもあります。またクラウド型ではベンダーのセキュリティに依存することにもなるため、この点は必ず確認しておいてください。

バックアップが必要

CMSによらない従来の仕組みでは自動的に自社のパソコンやサーバ内にローカルデータが残る仕様でしたが、CMSではインターネット上でコンテンツを更新するため、ローカルデータが残りません。Webサイトは大切なデータですから、もしものときのために必ずバックアップを取るようにしましょう。

デザインの異なるページが作成しづらい

CMSではテンプレートを利用できるので、デザインの変更が簡単です。しかし逆にいえば、テンプレートの範囲でしか変更できないということです。キャンペーンサイトなど、普段運用しているサイトとは大きく異なるページを作成するのには向きません。

自社に合ったCMSを選ぶ

ここで紹介した内容はあくまで一般的なCMSでいえることです。CMSにはオープンソース型、パッケージ型、クラウド型などの種類があり、有料のものは製品によってセキュリティが強化されているなどの特色があります。その点を踏まえたうえで、CMSを導入するべきか、導入するならどれを選ぶべきかなどを検討しましょう。