Web制作にはCMS?HTMLとの違いと向いているケース

自社のホームページやECサイトなど、新規のWeb制作やリニューアルを考えている企業も多いと思います。その際、迷うのがCMSを導入するかHTMLやCSSで記述するかです。CMSやHTMLなどはWebサイトの構築には避けて通れないキーワードですが、それぞれの意味や違いをご存じでしょうか。今回は、両者の違いなどを解説し、CMSでのWeb制作が向いているケースもあわせてご紹介します。

HTML・CSSでのWebサイト構築

まずはWebサイトの制作で古くから使われているHTMLとは何かについて解説しましょう。

HTML(Hyper Text Markup Language)はマークアップ言語の一種です。マークアップ言語とは、コンピューター上でコードを記述するための言語のことです。HTMLでは「タグ」と呼ばれる特殊な文字列で文章を囲うことにより、タイトル・見出し・段落・ハイパーリンクなどの文章の構造を記述できます。そのため、HTMLを用いてWebサイトを作成するためにはHTMLで記述する上での約束ごと、すなわち「言語」の習得欠かせません。

HTMLだけではレイアウトの表現が難しい

HTMLはマークアップ言語の中でも特にメジャーな言語です。ただ、HTMLはレイアウトの作成は苦手です。HTMLだけでWebサイトを作成しようとしても、レイアウトが乱れやすく思った通りのページを作るのが難しいのです。そこで併用されるのが、CSSという言語です。

CSSでは装飾情報を記述

CSS(Cascading Style Sheets)とは、文章のスタイルを記述するための言語です。具体的には、文字の大きさや色、レイアウトなどを指定できます。CSSはHTMLの苦手とする部分を補うことが可能な言語です。そのため、Webサイトの構築ではHTMLとCSSを組み合わせて使われていることが多いのです。昔から使われてきた方法ですが、先にも述べたように自分で直接CSSやHTMLを記述するためには、ある程度のスキルや知識が必要となります。

CMSでのWebサイト構築

誰でも簡単にWebサイトを構築・更新できるツールとして近年シェアを拡大しているのがCMSです。CMS(Content Management System)とは、「コンテンツを管理するためのシステム」のことです。CMSを使えば、専門知識を持たない人でも簡単にWebサイトの構築や更新が可能です。内部的にはHTMLやPHPなどの言語が使われていますが、ユーザーはそれを意識せず利用できます。そのためCMSは、「直接HTML・CSSを記述して作成する方法」と比較されることが多いというわけです。

CMSのメリットと向いているケース

それでは次に、CMSのメリットと向いているケースについて解説しましょう。CMSのメリットとしては以下が挙げられます。

  • 専門知識がなくてもWebサイトの構築・更新ができる

こちらは先ほど解説したメリットになります。CMSを使えば専門家を雇う必要もありませんし、誰でも使えるということは複数の社員でのサイトの管理もしやすくなります。つまり、安定した更新、管理につながります。

  • サイト全体に統一感が出る

企業が持つWebサイトが1ページだけということはあまりないでしょう。トップページ、会社概要ページ、商品・サービス紹介ページ、問い合わせページなど、少なくともいくつかのページに分かれているはずです。さらに企業サイト、ブログサイト、リクルートサイト、ECサイトなどいくつものWebサイトを持っている企業も珍しくありません。企業規模によっては、事業所や支店ごとなど、Webサイトが複数化することも少なくありません。CMSはそういったWebサイトをまとめて管理できるので、サイト全体に統一感が出ます。

  • SEOに強い

近年はWebサイトへアクセスを増やし、売り上げアップにつなげようとする企業が増えています。そこで重要になるのが、検索エンジンでの上位表示を目指す「SEO(検索エンジン最適化)」です。CMSを使えば検索エンジンが好むサイトの作成ができるといわれています。

CMSを使うほうが向いているケース

次に、CMSを使ったほうが良いと思われるケースについてご紹介しましょう。

  • 専門知識を持つ人材がいない、もしくは雇うコストを削減したい

ITスキルの高い人材を採用したり、Webサイトの構築・更新を外部企業に委託したりするのは相応のコストがかかります。新しく雇う余裕がない、外注費を削減したいという企業はCMSがお勧めです。

  • Webページが多い、更新が頻繁

Webサイトの種類にもよりますが、自社ホームページのように更新は年に数回で問題ない場合もあれば、オウンドメディアやブログサイト、SNSのようにほぼ毎日更新が必要な場合もあるでしょう。一定のアクセス数を維持するためにも、更新は不可欠です。ただ、管理しているサイトやページの数が多かったり、頻繁に更新する必要があったりする場合は、手間と時間がかかります。そういった場合にもCMSでの管理なら、誰でも簡単に更新できますし、複数人で分業体制にすることもできるので向いています。

  • ECサイト、オウンドメディア、会員制サイトなどに利用する

カスタマー対応やショッピングカートシステムなどが必要な「ECサイト」、より多くのPVを集めて認知向上・コンバージョン率を向上させたい「オウンドメディア」、ユーザー管理やメッセージ機能が必須の「会員制サイト」などは、高機能でセキュリティ性も高いCMSでの運用が向いています。プラグインなど追加的な拡張機能が豊富なのもCMSの特徴と言えるでしょう。

有料または無料のCMSサービスを利用すれば簡単に導入可能

Webサイトについてあまり詳しくない方からすると「CMSってなんだか難しそう」というイメージはぬぐえないかもしれません。ただ、サーバ自体を用意できれば、実際にCMS導入するのはとても簡単です。無料のCMSから有料のものまで多種多様です。最近はサーバの保守など、Web制作から運用までを一気通貫で提供しているベンダーもあります。自社サイトの特性や予算、Web制作体制などを加味して利用するCMSや協力事業者を選定するといいでしょう。

CMSを上手に利用して企業価値を向上させる

企業規模を問わず、Webサイトの構築や管理にかかるコストは無視できません。CMSは、「Webサイトを今以上に活用したいが、コストが心配」という課題を解決するための最適なシステムです。また企業ブランディングの向上やWebサイトのセキュリティ強化、ガバナンスを重視する企業は、高機能なCMSの導入が向いているかもしれません。いずれにしてもCMSは多くの企業で活用されており、今後も導入企業は増えていくでしょう。今回ご紹介した「CMSでのWeb制作が向いているケース」に当てはまるなら、ぜひCMSを利用することをお勧めします。