無料で高機能なアクセス解析ツール Google Analyticsの導入手順と使い方

自社のWebサイトがどのような状況にあるかを把握するためには、アクセス解析が必須です。Google AnalyticsはGoogleが提供しているアクセス解析ツールで、無料にもかかわらず機能が充実しているため、非常に多くの企業で活用されています。Google Analyticsの始め方や使い方、活用例を紹介します。

Google Analyticsとは

Webサイトを作ったらそこでおしまいではなく、継続的に改善する必要があります。そのときに役立つのが、「Google Analytics(GA)」です。解析したいWebサイトを登録すると、ユーザーの行動に関するデータを見ることができます。これによって、例えば以下のようなことが分かります。

  • どのようなユーザーが多いのか(性別、年齢、地域、デバイスなど)
  • ユーザーはどこからサイトに訪れたのか(検索、広告、外部リンクなど)
  • 訪れたユーザーが最初に見たページはどこか
  • ユーザーによく見られているページはどこか
  • ユーザーがサイトを離脱したページはどこか
  • ユーザーがコンバージョンしているか

これらのデータをチェックすることで、Webサイトの改善や施策の効果を確認することができます。例えば、スマートフォンで見ている人のほうが多いのにパソコン向けのWebサイトしか作っていなかったら、モバイル対応が必要だという判断ができます。あるいは、最近Facebook広告に出稿したので、そこからどのくらいの流入があるかを確認したいといったことも可能です。

非常に便利なツールですが、無料のためサポートなどはありません。このため、自分で情報収集して学ぶ必要があります。Googleのヘルプページだけでなく、インターネット上には多数のコンテンツがあり、関連書籍も充実しています。ただし画面や機能が比較的頻繁に更新されるので、常に新しい情報をキャッチする必要があります。独学する余裕がないという場合は、Webアナリストなどのコンサルティング事業者に依頼する方法もあります。

Google Analyticsの導入方法

Google Analyticsがデータを計測する仕組みを簡単に説明すると、

1. 解析したいWebページにトラッキングコードというJavaScriptを埋め込む

2. ユーザーがアクセスするとトラッキングコードが実行されてGoogleのサーバーにデータが蓄積される

3. 蓄積されたデータが集計されて、Google Analyticsの画面で解析結果として表示される

というものです。

導入する手順は以下のとおりです。

ステップ(1)アカウントの登録

まず、Googleアカウントが必要です。すでにGmailなどを使っているならば、専用に新しく作る必要はありません。次に、Google Analyticsのアカウントを登録します。これは「Googleマーケティングプラットフォーム」というページ上の「アナリティクス」を選び、右上の「登録」から設定していきます。アカウント名を決め、解析対象のWebサイト名、URLなどを登録します。アカウント名は、会社名やサービス名など、管理しやすい名前をつけておきましょう。入力したら「トラッキングIDを取得」をクリックすると、トラッキングコードが取得できます。

ステップ(2)トラッキングコードの設定

「トラッキングIDを取得」で表示されたトラッキングコードをコピーした後、解析したいWebサイトの全ページで、HTMLの<head>タグの直後に貼り付けます。これでトラッキングコードの埋め込みが完了です。

ステップ(3)ログインしてサイトデータを確認

数時間で、Googleのサーバにデータが蓄積され、Google Analyticsの画面で見られるようになります。

Google Analyticsの見方

Google Analyticsにログインすると、最初に出てくるのはホーム画面です。さまざまな情報がまとまって表示される、ダイジェスト版のようなものです。左側にレポートメニューがありますが、レポートは以下の5種類です。

1. リアルタイム
レポートを見ている現時点でのアクセス状況が表示されます。「今テレビで紹介されたが、自社サイトに来る人が増えているかどうか」といった確認ができます

2. オーディエンス(ユーザー)
アクティブユーザー数、ユーザーの属性、新規/リピーター、デバイスなどを確認できます

3. 集客
ユーザーがどこから訪問しているかを確認できます

4. 行動
訪問者がどのページをよく閲覧しているかを確認できます

5. コンバージョン
「目標達成」という意味で、あらかじめ「目標」を設定し、それに対する達成率を数値で確認できる機能です。

このなかで、よく使うのはオーディエンス(ユーザー)/集客/行動の3種類です。

また、具体的な利用方法の前に、Google Analyticsの主な用語について解説しておきます。

  • セグメント
    レポートの数値を、特定の条件で絞り込む機能のことです。データは「○○ごとに××を見る」のが基本ですが、「ユーザー」ごとや「デバイスの種類」ごとなど、いくつかのセグメントが標準で用意されています。セグメント機能はほとんどのレポートで使えるため、特定のセグメント同士で簡単に比較できます。
  • ユーザー
    1人の人という意味ではなく、Cookie(クッキー)によって識別された単一のブラウザを指します。このため、同じ人が2種類のブラウザでアクセスすれば、2ユーザーになります。
  • セッション
    ユーザーがサイトを訪問してから離脱するまでの、一連の操作のことです。また、30分間操作がない場合や日付をまたいだ場合も、セッションが終了します。逆に、30分以内であれば、一度離脱して戻ってきても同一セッションと見なされます。ただし、流入元が違う場合は、新規セッションとなります。
  • ページビュー(PV)
    サイト内のページが表示された回数のことです。サイト分析において最も一般的な指標のひとつです。複数のページを見た場合、リロードした場合は、同一セッション内でもそれぞれ1PVとしてカウントします。
  • 直帰率
    直帰とは、1セッションで1PVしかない訪問のことです。サイトを訪問したが1ページしか見なかったユーザーの割合を%で表示したのが直帰率です。

Google Analyticsの使い方

Google Analyticsは機能が豊富で、さまざまな使い方ができます。しかし、漠然とデータを眺めても意味がないので、何のためのデータが見たいのかを明確にして、それに必要な情報を得るための見方を覚えましょう。

ユースケース(1)オーディエンスレポートは二つの期間を設定して比較する

オーディエンスレポートから「概要」を選ぶと、サマリーページが表示されます。サマリーには、「ユーザー数」「新規ユーザー数」「セッション数」「ユーザーあたりのセッション数」「ページビュー数」「ページ/セッション」「平均セッション時間」「直帰率」などが含まれています。ただし、このページだけ見ても、自社サイトのユーザー数やPV数が分かるだけで、何かの役に立つわけではありません。そこで、基本的にはデータを閲覧する期間を二つ設定して比較してみましょう。

例えば、シーズナリーのキャンペーンをした場合、前年と比べてどうだったか比較するのもよいでしょう。あるいは、月初に新しいコンテンツを追加したなら、前月と比較してみるのもひとつの方法です。変化があるかどうか、変化があったならどういう理由かと考えることで、次の策に活かすのが分析の目的です。

ユースケース(2)集客レポートはGoogle Search Consoleと組み合わせて使う

集客レポートでは、ユーザーがどのチャネル(広告、検索、ソーシャルなど)やどのWebサイトから来ているかが見られます。コンテンツの改善などに役立つのが、Google Search Consoleのレポートです。これもGoogleが提供している無料ツールで、二つのツールは互いを補完する関係にあり、連携できます。

【Google Analytics】

解析対象は、サイト訪問“後”のデータ。サイトに訪問したユーザーが「どこから来て」「サイト内のどのようなページを見て」「どれくらい滞在した」かが分かる

【Google Search Console】

解析対象はサイト訪問“前”のデータ。検索結果に自分のサイトが「どのようなキーワードで」「どのくらい表示され」「どのくらいクリックされた」かが分かる

Search Consoleレポートでは、「ランディングページ」「国」「デバイス情報」のほか、検索クエリ(キーワード)別の「クリック数」「表示回数」「クリック率」「平均掲載順位」が表示されます。このレポートを見て、狙っているキーワードでの表示が少ないようならば、コンテンツを見直したほうがよいということです。

大企業はエンタープライズ版の導入も

Google Analyticsは、Googleが無料で提供しているアクセス解析ツールです。機能が豊富ですが、分析結果はWebサイトの改善や施策に役立てるのが目的で、分析のための分析では意味がありません。初心者には難しく感じるかもしれませんが、すべて見ようとせずに必要なところだけを見ましょう。また、非常に規模が大きいWebサイト向けには、有料版のGoogle Analytics 360が用意されています。